AURAFULL e がパワーアップ

シルクの白さ実感

生体融合型光触媒「トリニティーZ」配合

トリニティーZは、従来からの光触媒とは異なり、アパタイト被覆二酸化チタンに高分子シルクを融合させた、人体や環境にも優しい生体融合型の光触媒です。

シルクを融合させることで表面積が飛躍的に拡大。有害物質などの吸着性が向上し、光の少ないところ(可視光)でも効果を発揮します。

また、従来の光触媒のように溶剤などを使用していませんので、オウラフルシリーズにも安心して配合することが可能になりました。

このトリニティーZの優れた光触媒効果により、お肌の老廃物を潤いへと変えてくれます。

力強い潤い肌に

ヒトオリゴペプチド-1(h-EGF)を配合。

細胞再生因子(Epidermal Growth Factor)と言われるヒトオリゴペプチド-1は、新しい皮膚細胞の生産を大幅に増加させる成分で、人間の体内にある53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。

1962年ヒトオリゴペプチド-1は、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見され、1986年この功績により、コーエン博士はノーベル医学生理学賞を授与されました。
その後、医薬品レベルで生産されたヒトオリゴペプチド-1は、大変高価で希少なものでしたが、火傷の治療をはじめ、皮膚の再生分野では画期的な効果をもたらしています。60日間の臨床実験では、ヒトオリゴペプチド-1が配合された商品は、皮膚の新生細胞の成長が最高で872%、平均でも284%促進されることが確認されています。